画像

札幌市高齢者共同住宅下宿アパート賃貸マンション案内

アクセスカウンタ

札幌市 高齢者住宅・有料老人ホーム一覧
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

zoom RSS 旭川刑務所でベッド付き個室導入

<<   作成日時 : 2014/11/12 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 刑務所のイメージを覆すような明るい個室ですが、テレビの必要性があるかは疑問の残るところです。

 北海道旭川市の旭川刑務所が、受刑者用のベッド付きの個室を導入した。
 法務省矯正局によると、山口県美祢市や島根県浜田市などにある官民協働方式の刑務所ではベッド付きの個室を導入した例があるが、国が管理運営する刑務所では全国初という。

 旭川刑務所は、刑期が10年以上や、再犯など犯罪傾向が進んだ受刑者向けの刑務所。
 受刑者の高齢化や寒冷地であることを考慮し、建て替えに合わせて洋式の個室を導入した。

 10月に報道陣に公開された新しい個室には、木製の机とベッドが置かれ、壁掛けのテレビもある。
 広さもこれまでの3畳の和室より約1・5平方メートル広い7・5平方メートルとなった。

 現在、250人程度の受刑者がいるが、うち20人は70歳以上だ。80代は4人いる。
 毎日の布団の上げ下ろしが高齢者には負担になっていて、冬は結露し、湿気で畳にカビが生えてしまうのが悩みだった。

 定員7人の共同室もあるが、受刑者同士のけんかなどのトラブルがたびたび起きていた。
 このため、築46年と老朽化が進む現在の建物を建て替えるにあたり、定員を現在の約300人から400人に増やし、すべての部屋をベッド付きの個室にすることになった。
 2011年に工事が始まり、16年2月に完成する予定だ。

 佐藤一之所長は「恵まれた環境に見えるかもしれないが、一日も早い社会復帰と再犯防止が最も重要だ。トラブルを心配せずにすごせる環境におく方がよい」と話す。法務省矯正局は「旭川の成果をみたうえで、今後、他の老朽化した刑務所を建て替える際、洋室化を検討する」としている。(渕沢貴子)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
画像
画像

リンク集

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

旭川刑務所でベッド付き個室導入 札幌市高齢者共同住宅下宿アパート賃貸マンション案内/BIGLOBEウェブリブログ
グループホーム

画像
文字サイズ:       閉じる